お月様、お願い。

ちょんが〜の日々思うことや学んだことを書くブログ

俺の考える次世代留守番電話

f:id:chonger:20160223194032j:plain

電話が怖い。

でも、留守電にメッセージを入れる方がもっと怖い。

 

緊張するんですよ。

「ピーーーー」ってなった後の沈黙。

 

なぜ緊張するのか考えてみたんだが、一番の理由は相手が黙っているからだ。

自分の伝えたいことが伝わるのかどうかわからないし、返事もないのに一人延々と喋るのはどこか不自然さを感じる。

 

そこでだ、

もし、相槌をうってくれる次世代留守番電話ができたら、話しやすいんじゃなかろうか

と俺は思った。

 

ちょっとやってみる。

 

ちょんが〜  :ピポパポピパ・・・

電話の中の人 :トゥルルルル・・・

電話の中の人 :ただいま、電話に出ることができません。

電話の中の人 :ピーという発信音のあとにメッセージを残してください。

ピーと言う人 :ピーーーーーーーーーー

 

ちょんが〜  :あ、もしもし、ちょんが〜です。

電話の中の人 :はい、◯◯の電話です。

ちょんが〜  :あ、あのー、この前は、あ、ありがとうございました。

電話の中の人 :はい。こちらこそ。

ちょんが〜  :あのー、例の件なのですが、

電話の中の人 :は?

ちょんが〜  :あのー、少しトラブルが起きてまして、

電話の中の人 :あのー、が多い💢!

ちょんが〜  :は、はい、すみません。

電話の中の人 :続けて

ちょんが〜  :少しトラブルが起きてまして、ご支援を頂きたいので、

電話の中の人 :え〜〜〜

ちょんが〜  :お、折り返しお電話をお願い致します。

電話の中の人 :どうしよっかなー

ちょんが〜  :・・・

電話の中の人 :まぁ、今回は許したるわ。伝えといてやるから、はよ仕事しぃや。

電話の中の人 :ブチッ!

 

こんな次世代留守番電話は嫌だ!