お月様、お願い。

ちょんが〜の日々思うことや学んだことを書くブログ

「GLAY」はOK 、「ラルク」はNG。

f:id:chonger:20160216203723j:plain

子供の頃の話。

 

俺は子供の頃、お金の支給方法は小遣い制ではなく申告制だった。

買いたいものがあるたびに、親に「これが買いたいから、いくら欲しい」というのを申告する制度だった。

もちろん、なんでも買えるわけじゃないし、高いものは基本NGだった。

 

中学の頃に死ぬほどエレキギターが欲しかった時があった。だが、高いとか煩いとかいう理由で買ってもらえず、ネックが真っ二つに折れた粗大ゴミ化したエレキギターを友達からタダで譲ってもらい、自分で修理して使っていたこともあった。

エレキギターが煩いというのは全くもって偏見である。)

 

そしてこの頃、俺はGLAYにはまっていた。

GLAYの「誘惑」をたまたまテレビで見て衝撃を受けた俺は、親にGLAYのCDを買いたいと申告した。

 

親は許してくれた。

 

俺は何度も何度もそのCDを聞いた。

 

そのうち俺は他のアーティストの音楽も聴いてみたくなった。

それまであまり音楽番組は見ていなかったのだが、それ以降、MステやうたばんやHEY!HEY!HEY!などを見るようになった。

そこで、俺はあるアーティストに衝撃を受けた。

ラルクアンシエルである。

ラルクアンシエルの「DIVE TO BLUE」という楽曲に衝撃を受けた。

なってカッコイイんだ!

俺はCDが欲しくて欲しくてたまらなくなった。

そこで俺は、早速親にラルクのCDを買いたいと申告した。

 

親は許してくれなかった。

 

親は言った。

 

GLAYはいいけど、ラルクはダメだ」

 

謎理論である。

 

結局レンタルで借りてきて、今は亡きMDとかいうものに入れて聞くことで我慢した。

なぜ、GLAYがOKで、ラルクがNGなのか、何度も何度も聞いたが教えてもらえなかった。

もし、その理由が想像つくという方がいたら教えて欲しい。

俺はそれがずっと納得いかなかった。

 

 

その後

 

俺は大学生となり、家を出て、自分のお金を自由に使えるようになる。

そして、狂ったようにCDを買うようになった。

気づけば2年で200枚のCDを買った。

反動って恐ろしい。