お月様、お願い。

ちょんが〜の日々思うことや学んだことを書くブログ

死ぬのと人から注意されるの、どっちが嫌?

今高速バスに乗っている。
ふと気付いたのだが、
周りの人は誰もシートベルトをしていない。
(俺はしてる。)
軽井沢のスキーバスであのような事故があったにもかかわらず。
(亡くなった13人中12人はシートベルトをしていなかった)

結局誰も自分は同じような事故に合わないと思っている。
死なないと思っている。

そこで俺は考えた。
どうすれば、皆がシートベルトをしてくれるようになるだろうか?
1分程度、俺はバスに揺られながら思考して、単純な答えにたどり着いた。

それは、俺が注意することだ!
「あ、あ、あ、あのぅ、シ、シ、シートベルトしたほうが、あ、安全だと思うんですよぅ。な、なのでシートベルトはしたほうが、ぃぃとぉもぃます…」


ダメだ、俺にそんな勇気はない!

 まあ、ここらは妄想として、
俺がきっぱり注意したとする。
するとたいていの人はシートベルトをしてくれるだろう。

でも、どうせ注意されたからという理由でみんなシートベルトをする。
たぶん、俺も同じ立場ならそうだ。

車を運転する時も、警察に捕まるからという理由で、シートベルトしたり、制限速度を守ったりする。

所詮死ぬことよりも、注意されることのほうが嫌なのだ。
というより、死ぬことなんて非現実的で、注意されることのほうがより現実的なことだと考えている。

でも、本当は死ぬことも十分現実的だ。
人間誰しもいつかは死ぬのだから。

と俺は考えながら、今車酔いと戦っている。

あと、俺には嫁のために逆バレンタインデーとして作ったコンドームチョコレートが、冷蔵庫の中で横たわっている。
だから、俺は今日死ぬわけにはいかない。