お月様、お願い。

ちょんが〜の日々思うことや学んだことを書くブログ

ビンビンに立った『耳』は好きですか?

f:id:chonger:20160213181411j:plain

俺は生れながら耳がビンビンに立っている。

しかも、今にも羽ばたけそうなくらいデカイ。

 

あなたは「チョンチョン」という妖怪をご存知だろうか?

「チョンチョン」はでかい耳で羽ばたき飛び回る妖怪だ。

チョンチョン - Wikipedia

 

そして、俺の学生時代のあだ名は「チョンチョン」だった。

そう言われることが本当に嫌で嫌でたまらなかった。

 

(ちなみに、「ちょんが〜」というハンドルネームは「チョンチョン」と「ミミガー」を合わせたもの)

 

中学生の頃、俺は自分の部屋に隠れてあることをやっていた。

立ち耳セロハンテープ矯正」である。

ビンビンに立っている耳を後方に寝かし、

セロハンテープで固定しやるのだ。

立ち耳ニストの方は、一度はご経験あるんじゃなかろうか?)

これをずっと続けると、そのうち耳の形が矯正されるのではと思っていた。

 

しかし、何年やっても、何年やっても、耳は元気に立ったまま。

 

俺は諦めた。

 

あれから10年

 

それは偶然出会った昔の女友達だった。

そいつは俺と同じ立ち耳ニストだった。

なのに、なのに、なのに

「耳が寝てる!裏切られた!」

 

そう、そいつは手術して立ち耳を直していたのだ。

 

やっとここで本題。

なんと立ち耳の手術は健康保険適用なのだそうだ。

費用を調べてみたら、だいたい保険適用3割負担で片耳5万円ぐらい。

つまり両耳10万円

 

ちなみに関係はないが仮性包茎の手術は保険適用外で10〜30万かかるそうだ。

 

両耳を手術するのであれば、仮性包茎と同じくらいか、それよりも安く治療することができるのだ。

 

つまり、何が言いたいかというと、

経済的には仮性包茎手術よりもお手軽に、

立ち耳の手術が受けられるということ。

 

ぜひ、立ち耳ニストかつ仮性包茎の方は、ご参考いただきたい!

 

 

ちなみに気になったか方もいるだろう。

 

真性包茎とカントン包茎は保険が効くので2〜3万円で手術が受けられるらしい。

 

※手術費用については、ネットで調べただけなので、実際の手術費用と異なる場合があります。直接かかるクリニックや病院にお問い合わせください。