読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お月様、お願い。

ちょんが〜の日々思うことや学んだことを書くブログ

分身が欲しいと思ったら、すでに自分が分身だった話

f:id:chonger:20160215222053j:plain

いやー、働くのって嫌だ。

ちなみにちょんが〜はただの会社員。

 

ふと帰りの満員電車の中で思った。

 

俺の分身が欲しい。

 

分身がいて、そいつが働いてくれたらいいな〜と。

 

ちょいちょい待てよ。

 

分身がいるということは、そいつを維持するのにお金がかかるだろう。

つまり、分身君が働いて稼いでくれても、全てのお金は手に入らない。

分身君に飯食わしたり、洋服買ってやったりすると、手元に残るお金はわずかになるんじゃなかろうか。

ましてや、分身君が小遣い欲しいとか言い出したら、、、

 

ならば、分身を増やせば良い。

 

例えば分身ちょんが〜が毎月20万稼いで、そのうち5万がオリジナルちょんが〜のものになるとする。

 

分身ちょんが〜が二人いれば、10万がオリジナルちょんが〜のもの。

分身ちょんが〜が三人いれば、15万がオリジナルちょんが〜のもの。

分身ちょんが〜が四人いれば、20万がオリジナルちょんが〜のもの。

 

分身って、いいなあ^ー^

 

てか、よくよく考えてみると、この構造って会社じゃん。

 

そして、俺は社長の分身ってことじゃねーーーか!

 

でもまぁ、

今の仕事は好きな分野の仕事だし、

社会貢献してると思うし、

仕事ちょっと休んでも給料出るし、

 

俺、分身のままでいいや。

死ぬのと人から注意されるの、どっちが嫌?

今高速バスに乗っている。
ふと気付いたのだが、
周りの人は誰もシートベルトをしていない。
(俺はしてる。)
軽井沢のスキーバスであのような事故があったにもかかわらず。
(亡くなった13人中12人はシートベルトをしていなかった)

結局誰も自分は同じような事故に合わないと思っている。
死なないと思っている。

そこで俺は考えた。
どうすれば、皆がシートベルトをしてくれるようになるだろうか?
1分程度、俺はバスに揺られながら思考して、単純な答えにたどり着いた。

それは、俺が注意することだ!
「あ、あ、あ、あのぅ、シ、シ、シートベルトしたほうが、あ、安全だと思うんですよぅ。な、なのでシートベルトはしたほうが、ぃぃとぉもぃます…」


ダメだ、俺にそんな勇気はない!

 まあ、ここらは妄想として、
俺がきっぱり注意したとする。
するとたいていの人はシートベルトをしてくれるだろう。

でも、どうせ注意されたからという理由でみんなシートベルトをする。
たぶん、俺も同じ立場ならそうだ。

車を運転する時も、警察に捕まるからという理由で、シートベルトしたり、制限速度を守ったりする。

所詮死ぬことよりも、注意されることのほうが嫌なのだ。
というより、死ぬことなんて非現実的で、注意されることのほうがより現実的なことだと考えている。

でも、本当は死ぬことも十分現実的だ。
人間誰しもいつかは死ぬのだから。

と俺は考えながら、今車酔いと戦っている。

あと、俺には嫁のために逆バレンタインデーとして作ったコンドームチョコレートが、冷蔵庫の中で横たわっている。
だから、俺は今日死ぬわけにはいかない。

【自慢】ブログ開設19日目で1日1000PVを達成

昨日ついに1日のPV数が1000を超えた。

f:id:chonger:20160214064955p:plain


一時的なような気もするが、一応1000PVを超えた。
そこで今回はタイトル通り自慢記事にする予定だった。

 

しかし、今の俺にそんなメンタルはなかった。
実際1000PVを越えてみると、嬉しさよりも恐怖を強く感じてしまった。
自分の書いた文章がこんなにもたくさんの人に見られているということに対する恐怖を。

 

ブログを開設した当初、正直PVは欲しかった。
開設してからは毎日50PV程度だったため、目標はとりあえず1日100PVだった。
そうしたら一昨日に600PV、昨日に1100PVが出てしまった。
あまりにも急なことだったため、自分のメンタルが付いていけてない
明らかに胃の調子がおかしい。食欲もない。

というか本当に辛い。

 

こうやって今書いている文章もたくさんの人に読まれるんだろうなぁと思うと、とてもプレッシャーを感じる
50PV程度の時は結構気軽な気持ちで書けていたのに。
とりあえず今は医師から処方されていた抗不安剤を飲んだから、少し落ち着いている。しかし、過去に患ったうつ病を再発してしまうのではないかとちょっと心配。

昨晩風呂に入っている時、「メンタルの弱い俺はブログなんて手を出すべきではなかったのだろうか」とふと考えてしまった。

 

あかんあかん!ちょっと俺暗すぎー!

 

とりあえず今日はゆっくり休んで、明日からまたふざけよう!

 

ちなみに、たいていこういう系の記事って、どうやって1000PVを達成したかとか書くべきなんだろう。しかし、俺はいつも書きたいことを書くということを継続しているだけなので、特に1000PVのために何かしたかと言われれば、何もしていない。なので、運が良かったとしか言えない。

ビンビンに立った『耳』は好きですか?

f:id:chonger:20160213181411j:plain

俺は生れながら耳がビンビンに立っている。

しかも、今にも羽ばたけそうなくらいデカイ。

 

あなたは「チョンチョン」という妖怪をご存知だろうか?

「チョンチョン」はでかい耳で羽ばたき飛び回る妖怪だ。

チョンチョン - Wikipedia

 

そして、俺の学生時代のあだ名は「チョンチョン」だった。

そう言われることが本当に嫌で嫌でたまらなかった。

 

(ちなみに、「ちょんが〜」というハンドルネームは「チョンチョン」と「ミミガー」を合わせたもの)

 

中学生の頃、俺は自分の部屋に隠れてあることをやっていた。

立ち耳セロハンテープ矯正」である。

ビンビンに立っている耳を後方に寝かし、

セロハンテープで固定しやるのだ。

立ち耳ニストの方は、一度はご経験あるんじゃなかろうか?)

これをずっと続けると、そのうち耳の形が矯正されるのではと思っていた。

 

しかし、何年やっても、何年やっても、耳は元気に立ったまま。

 

俺は諦めた。

 

あれから10年

 

それは偶然出会った昔の女友達だった。

そいつは俺と同じ立ち耳ニストだった。

なのに、なのに、なのに

「耳が寝てる!裏切られた!」

 

そう、そいつは手術して立ち耳を直していたのだ。

 

やっとここで本題。

なんと立ち耳の手術は健康保険適用なのだそうだ。

費用を調べてみたら、だいたい保険適用3割負担で片耳5万円ぐらい。

つまり両耳10万円

 

ちなみに関係はないが仮性包茎の手術は保険適用外で10〜30万かかるそうだ。

 

両耳を手術するのであれば、仮性包茎と同じくらいか、それよりも安く治療することができるのだ。

 

つまり、何が言いたいかというと、

経済的には仮性包茎手術よりもお手軽に、

立ち耳の手術が受けられるということ。

 

ぜひ、立ち耳ニストかつ仮性包茎の方は、ご参考いただきたい!

 

 

ちなみに気になったか方もいるだろう。

 

真性包茎とカントン包茎は保険が効くので2〜3万円で手術が受けられるらしい。

 

※手術費用については、ネットで調べただけなので、実際の手術費用と異なる場合があります。直接かかるクリニックや病院にお問い合わせください。

自分のことブログに書いて誰が見るんですか?

f:id:chonger:20160213131221j:plain

「ブログやってます。日頃思ったこととか書いてます。」って言ったら、言われた一言。

「自分のことブログに書いても他人は興味ない。」とも言われた。

(その方はそこそこアフィリエイトで稼がれてるらしい。ちょっとしたきっかけで知り合った。)

 

俺はそれは間違っていると思っている。

別に誰も興味持ってくれなくとも、書いてる側が楽しかったら、それでいいと思う。

「ブログ=金稼ぐ道具」みたいな風潮になってるけど、ブログはブログであって、使い方なんて人それぞれでいい。

 

それに、俺がこのブログを始めたきっかけは、自分のことを書きたかったからだ。

日々アホなことを考えては誰にも言えず、嫁にはシカトされ、職場では叱られ。

なんか自分を表現したい場所が欲しかったからだ。

別に稼ぎたいとかじゃなくて。

そういう人って多いんじゃないかな。

 

それに、他人のブログを読んでて、この記事面白いな〜とか感じる時って、

その人の経験なり、体験なり、考えなり、失敗談なり、成功談なり、学んだことなり、

その人自身のことが表現されている記事だと思う。

 

「簡単に稼げる方法」とかそういう記事も、見ちゃうことはあるよ。正直、残念ながら。

でも、そういう記事読んでる時って楽しいと思わんし、いつも少しばかりの夢を見て、無駄な時間に終わる。

 

やっぱ、自分の思ったことを書くのが楽しいし、読んでる方も楽しいんじゃないかな?

つまらないとか、面白くないとか、不快だとか思われる方も結構いると思うが…

 

だから、俺は稼げないとか言われても、このブログで下品な記事アホな記事を投下し続けたい。

俺が楽しいから。

 

 

ということを、そのアフィリエイトやってる方に言いたかったのだが、

コミュ障すぎて言うことができなかった。

「やっぱ、そうっすよねー!誰も興味ないっすよねー!俺のことなんか」

とか言っちゃう始末。

Twitterのフォロワー数が多いとかはどうでもいい話

愚痴。

結構やられている方も多いとおもう、Twitterでのブログ更新通知。

皆さんはTwitterからのアクセスはどうですか?

 

俺はブログを始めたと同時に更新通知用のTwitterアカウントを取得した。

少しでもフォロワーを増やしたいと、片っ端からフォローしまくったり、プロフィール欄に「#相互フォロー」と入れてみたりした。

とにかくフォロワーが集まれば、ブログ更新通知を目にする人が増え、そこからアクセスが入ってくると考えていた。

 

あれから約2週間。

 

フォロワー数は現在500を超えているのだが、Twitterからのブログアクセスは少量で、あまり効果を感じていない。

考えられる要因としては、

 

フォロワーが自分に興味を持っていない。

タイムラインの流れがはやすぎる。

ハッシュタグが適切でない。

 

などなど、があるんじゃないかなぁと思っている。

このうちの「フォロワーが自分に興味を持っていない」が一番大きな要因だと俺は思っている。

結局、無理やりフォロワーを増やしても、自分に興味を持ってくれるフォロワーでないと意味がないということだ。

そう考えると、単にフォロワー数が多いとか少ないとかってどうでもいい話だ。

量より質。

 

しかし、どうすれば自分に興味を持ってくれるフォロワーが増えるのだろう?

 

それは地道にブログを更新して、Twitterに限らず自分に興味を持ってくれる人を増やすことなんだろうな〜と思う今日この頃。

なぜ、妊娠中に男は浮気しちゃうのか(内向型ムスコのススメ)

f:id:chonger:20160212194755j:plain

banban.hatenablog.com

 

うむ。イクメン不倫議員の宮崎謙介の件にしろ、妻が妊娠している時に他の女に目移りしてしまう男は一定数いるらしい。

 

ちなみに俺は、昨年嫁が出産して娘が生まれたが、そういうことはなかった(偉い!)

 

だが、浮気したくなる理由はなんとなくだがわかる。

 

俺は嫁が妊娠してからというもの、少し寂しい気持ちがあった。

いや、俺が寂しい思いをしていたのではなく、俺のムスコが寂しい思いをしていた。

(男なら誰しもそうだと思う。)

 

お腹の大きくなった嫁にムスコは懐かなかったし、嫁もムスコに興味を持たなくなった。

ムスコにとって、新しい妹が生まれることは喜ばしいことだけではなかった。

 

この後、ムスコがどうなったかって?

よくあるシナリオ通り、ムスコはグレた。

 

俺のムスコは幸いにも部屋に閉じこもるタイプだった。

部屋に独り閉じこもって、隠れて何かしていたようだった。

俺はもう30代だが、ムスコは思春期真っ盛り。

まぁ、思春期のムスコのやることだから、想像は簡単につくだろう。

 

もし、これが家出タイプのムスコだったらどうだろう。

他の女の家に泊まってみたり、新しい恋をしてみたり、その女で欲求を満たしてみたり…

 

ムスコには2タイプあると思う。

 

内向型ムスコ

外向型ムスコだ。

 

内向型ムスコ

内向型ムスコなら、妻が妊娠したとしても、独りで性欲を処理することしかできない。

社交性が低く、女友達がいない。いや、そもそも女と会話することさえ、抵抗がある場合もある。

そんな内向型ムスコに浮気する勇気などない。

 

外向型ムスコ

しかし、外向型ムスコはどうだろう。

外向型ムスコは得意な社交性を生かして、すぐに女を作ることができる。

そして、すぐに他の女を使って性欲を処理することができる。

そう、外向型ムスコは浮気性なのだ。

 

既婚者の女性の方は是非観察してほしい。

 

あなたの夫のムスコは内向型か外向型か?

 

そしてもし、あなたの夫のムスコが外向型であれば、他の女に目移りしないよう、ムスコさんを大事にしてやってほしい。

可愛がってやってほしい。

 

女が妊娠してようがしていまいが、

男の体は何も変化しない。

妊娠することは喜ばしいが、夜の営みが減ることは、男にとってはただただ辛いだけだ。

しかも、あんなに美しかった嫁のボディスタイルが、妊娠することによって変わっていく。

 

浮気する男は確かに悪い。

しかし、それは妻が妊娠したことによって、自分の欲求の吐き出し方がわからなくなっているだけかもしれない。

 

まだ結婚されていない女性の方は、なるべく内向型ムスコを持つ男性を選ぼう。

浮気の心配はあまりないだろう。

もし結婚されていて夫が外向型ムスコであれば、ムスコがグレないよう常に愛してやることが必要だ。